ANFO 装填機
HOME > 爆薬の機械装填 > ANFO 装填機

ANFO 装填機


ANFO装填機は圧気を利用してANFO爆薬(ネオアンホ®)を装薬孔へ装填する装置です。装填ホースを持ちながら、無線スイッチによる遠隔操作が一人でできますので、トンネル発破におけるANFO装填に適しております。ANFO装填機は最も普及した機械装填方式として認知されております。

ANFO 装填の優位性


安全性

  • 切羽から離れて(1〜2m)の装薬が可能で、切羽密着時間が短縮されます。アイデット(導火管付き雷管)の使用により、静電気や漏洩電流等に対しても安全です。

作業性

  • 装薬時間、結線時間が短縮され、サイクルタイム短縮が期待されます。また機械装填により、突き押し、踏前孔によるしゃがみこみ作業等の作業者の負担が軽減されます。

取扱性

  • 構造が単純であるため、メンテナンスが容易です。


ANFO 装填機の特徴


装填機搭載状況(4t車) 装填機による装薬風景

装填機全景 AL250

装填機搭載状況2t車

  • 容器本体、バルブ、連結具などの金具にはステンレスを採用していますので、高湿度の環境でANFOが付着しても腐食の心配は軽減されます。
  • 作業の効率を考えて、装填ホースは2本設置しています。計装系は空気圧のみによる制御をおこない、全体構造もシンプルに設計されておりますので、メンテナンスが容易です。
  • エアーブロー及びANFO 装填スイッチはボタンによる無線定量装薬式で簡単かつ、誤操作を起こしにくい構造になっております。

装填機搭載状況(4t車)

AL250

装填機寸法および仕様


寸法(縦×横×高さ) 重量 ANFO容量 圧気消費量
1100×1700×1840 (mm) 350kg 200kg 1.5〜3m3/分

プライバシーポリシーサイトポリシー © 2016 Kayaku Japan Co., Ltd. All rights reserved.