ランデックス® 装填機
HOME > 火薬類の販売 > 爆薬の機械装填 > ランデックス® 装填機

ランデックス®装填機


ランデックス® 装填機は圧搾空気を利用して発破孔に 粒状含水爆薬≪ランデックス®(粒状エマルジョン爆薬)≫を装薬するための装置です。ランデックス®装填機はANFO爆薬の欠点(水孔で使用できない、後ガスが悪い)を補いながら、ANFO装填機同様の効率的な装填を可能にしました。

ランデックス® 装填機の優位性


安全性

  • 切羽から離れて(1〜2m)の装薬が可能で、切羽密着時間が短縮されます。アイデット(導火管付き雷管)の使用により、静電気や漏洩電流等に対しても安全です。

作業性

  • 装薬時間、結線時間が短縮され、サイクルタイム短縮が期待されます。また機械装填により、突き押し、踏前孔によるしゃがみこみ作業等の作業者の負担が軽減されます。

取扱性

  • 含水爆薬を粒状化したことにより、ANFOの機械装填のように簡単に取り扱うことができ、システムがシンプルです。

環境性

  • ランデックス®を使用しますので、後ガスが良好で水孔での使用が可能です。


ランデックス® 装填機の特徴


装填機搭載状況(4t車) 装填機による装薬風景

装填機搭載状況(4t車)

装填機による装薬風景

  • 非圧力容器であるため装薬中でも爆薬の注ぎ足しが可能で、装薬作業を中断することがありません。

  • 小型でシンプルな構造の為、トラック1台に3ホースの装填機とコンプレッサーを搭載することができます。

  • 薬量設定機能(4チャンネル)とロータリーバルブによる正確な計量(200g単位)により、過装薬を防止することができます。

  • 残薬排出口より、容易にタンク内の残薬を排出できます。

  • ANFO 装填と同様、ランデックス®をエアー装填するため、ホース内に薬が残留せず、ホース内の薬の抜き取り(清掃)作業が不要です。

  • ANFO 爆薬も使用可能ですので切羽状況によってはランデックス®とANFO を併用した使い分けも可能です。

ランデックス®装填前 ランデックス®装填後

ランデックス®装填前
 
ランデックス®装填後

装填機寸法および仕様


寸法(縦×横×高さ) 重量 容器容積 タンク容量(基) 圧気消費量(台)mm
2500×1500×2000 (mm) 900kg 0.29m3 60kg 5m3/分

プライバシーポリシーサイトポリシー © 2016 Kayaku Japan Co., Ltd. All rights reserved.