危険性評価試験
HOME > 危険性評価試験 > 試験方法の解説 > 燃焼速度試験(国連勧告[クラス4.1(可燃性固体)の試験])

燃焼速度試験(国連勧告[クラス4.1(可燃性固体)の試験])


1.試料が、国連勧告の「可燃性固体」に該当するか否かを調べます。
250×20×10mmの三角柱を寝かせた状態の試料堆積物の一端よりガスバーナーで着火し、燃焼時間を計測してランクを判定します。

燃焼速度試験
プライバシーポリシーサイトポリシー © 2016 Kayaku Japan Co., Ltd. All rights reserved.