危険性評価試験
HOME > 危険性評価試験 > 試験方法の解説 > MkV弾道臼砲試験

MkV弾道臼砲試験


(化学物質の危険性評価試験[爆発威力の測定])
(国連勧告[クラス4.1(自己反応性物質)の試験])
(国連勧告[クラス5.2(酸化性物質)の試験])


爆発性物質・自己反応性物質・有機化酸化物の衝撃感度、爆発の伝爆性を確認する試験です。

1.右が弾道臼砲で、重量は110kgあります。

2.試験物質を臼砲の中に入れ、電気雷管で起爆します。
同様に標準物質(ペンスリット)も同様に起爆します。

3.臼砲が振れる幅を計り、標準物質との比較で判定します。

mk3試験1

mk3試験2
@ 臼砲装薬孔
A 振幅計測用の棒
B 計測スケール
プライバシーポリシーサイトポリシー © 2016 Kayaku Japan Co., Ltd. All rights reserved.