危険性評価試験
HOME > 危険性評価試験 > 試験方法の解説 > BAM摩擦感度試験(国連勧告[クラス1(爆発性物質)の試験])

BAM摩擦感度試験(国連勧告[クラス1(爆発性物質)の試験])


1.自己反応性物質の機械的刺激(摩擦)に対する危険性を判定する試験です。
試料 0.01cc を摩擦板の上に起き、試験装置にセットします。

2.荷重を変えながら摩擦棒を 1 往復させ、1/6 爆点を求めます。

BAM摩擦度試験(国連勧告[クラス1(爆発性物質)の試験])

BAM摩擦度試験(国連勧告[クラス1(爆発性物質)の試験])
@:重り用フック
A:重り
B:摩擦板
プライバシーポリシーサイトポリシー © 2016 Kayaku Japan Co., Ltd. All rights reserved.