危険性評価試験
HOME > 危険性評価試験 > 試験方法の解説 > オランダ式圧力容器試験

オランダ式圧力容器試験


(国連勧告 [クラス4.1(自己反応性物質)の試験])
(国連勧告 [クラス5.2(有機化酸化物)の試験])


1.試料の密閉化での外部加熱による影響を調べる、国連勧告の試験です。
消防法危険物の圧力容器試験は電気炉で容器を加熱しますが、この試験では容器をガスバーナーで直接加熱します。

1.0mm〜24mm径のオリフィス板を使用し、3回中少なくとも1回破裂板が破裂するオリフィス径を求め、ランクを判定します。

オランダ式圧力容器試験
プライバシーポリシーサイトポリシー © 2016 Kayaku Japan Co., Ltd. All rights reserved.